So-net無料ブログ作成
検索選択

ソシアルクラブがデビュー間近!ブエナビスタ産駒期待の2頭目! [新馬情報]

2歳馬が続々デビューします。
今年デビューしそうな期待の1頭をご紹介します。
今回は、才能がテンコ盛り!ソシアルクラブ(牝馬)について解説します。



スポンサードリンク






1.ソシアルクラブの血統!


父:キングカメハメハ
父父:Kingmambo
父母:マンファス
父父父:Mr. Prospector
父父母:Miesque
父母父:ラストタイクーン
父母母:Pilot Bird

母:ブエナビスタ
母父:スペシャルウィーク
母母:ビワハイジ
母父父:サンデーサイレンス
母父母:キャンペンガール
母母父:Caerleon
母母母:アグサン

歴史にその名を刻むブエナビスタの仔です。
ブエナビスタは、GⅠを6勝、年度代表馬にも選出された日本の代表的な牝馬です。
父親は、2010年~2011年までリーディングサイアーのキングカメハメハです。
ディープインパクト産駒が1位になった2012年~2016年まで5年連続2位をキープしています。



これが実際の姿です。
かわいいですね!



スポンサードリンク






2.ソシアルクラブとは?


牝馬
価格:7000万円
生年月日:2015年1月26日
調教師:池添学 (栗東)
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム
現在の体重が490キロ前後となっているようです。

名前のソシアルクラブの由来は、キューバの伝説のバンド、「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ(Buena Vista Social Club)」からなのだそうです。
ちなみに、ソシアルクラブを直訳すると「社交クラブ」です。
母がブエナビスタで仔がソシアルクラブ、う~ん…。
この「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」はドキュメンタリー映画にもなっています。
以下の動画をご覧ください。



この動画は映画の予告編です。
ちなみに、製作されたのが1997年ですので、今から20年前ですね。


3.ソシアルクラブのその他の情報


ブエナビスタ産駒の2頭目です。
全姉のコロナシオンは、新馬戦にて単勝1.8倍の1番人気で勝利し、いきなりクラシックの大本命にまで挙げられたのですが、その後の2戦目からは走らなくなってしまい4連敗です。
メンタル的な部分が敗因だと言われていますが、コロナシオンの新馬戦の走りを妹がコンスタントに出来ればクラシック戦線での活躍も期待できそうです。

ノーザンファーム早来の村上厩舎長の話では、「姉はピッチ走法ですが、この馬は違います。大きなストライドで伸びのあるフォームで走ります。今は心身ともに成長しているところ。これからが楽しみです」とのこと。

姉のコロナシオンの新馬戦の時の馬体重が456キロ、今年5月の馬体重が458キロです。
ですから、ソシアルクラブは姉よりは馬体が大きいですね。
これからさらに成長するかもしれませんし。


まとめ


以上が期待の1頭ソシアルクラブについてでした。
デビューの時期は現在のところ未定のようですが、しっかりと身体を作って、素晴らしい走りを見せてほしいものです。



スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました