So-net無料ブログ作成
検索選択

牝系マジックゴディスとは!スクリーンヒーローの祖マジックゴディスを解説! [牝系]

マジックゴディスは1968年生まれのイギリス産牝馬です。
ファミリーナンバーは【1-s】です。
現役時代は7戦して勝利を挙げることなく競走馬を引退しました。
今回は、牝系マジックゴディスについて解説します。



スポンサードリンク






1.マジックゴディスの血統!


父:Red God
父父:Nasrullah
父母:Spring Run
父父父:Nearco
父父母:Mumtaz Begum
父母父:Menow
父母母:Boola Brook

母:Like Magic
母父:Sun Again
母母:Grand League
母父父:Sun Teddy
母父母:Hug Again
母母父:Grand Slam
母母母:Baby League


2.マジックゴディス牝系とは?


マジックゴディスは、以前当ブログで紹介しましたスヰートと同じラトロワンヌ牝系です。
プライヴェイトアカウント、ウッドマン、マインシャフト、スマーティジョーンズなどと同じベイビーリーグの分枝となります。

英国で7戦0勝の成績を残し輸入された同馬は、初年度から活躍馬モデルスポートを送り出します。
同馬は3歳時、クラシックには乗りませんでしたが古馬や牡馬相手に重賞2勝を挙げます。
クラシックホースを差し置いて最優秀3歳牝馬に選ばれました。

モデルスポートの3番仔ダイナアクトレスは競走馬としても母としても素晴らしい成績をおさめます。
デビュー3連勝で函館3歳ステークスを制覇。
3歳初戦・すみれ賞のゲート内で暴れ、1カ月間の出走停止のため桜花賞出走が不可能となるなど3~4歳春は不完全燃焼に終わりましたが、4歳秋に本格化します。
プラス20キロで出走し成長を見せた京王杯オータムハンデで、芝1600mを1分32秒2という当時の日本レコード(世界タイ)で勝利します。
その秋のジャパンカップでは日本馬最先着の3着に入り、翌年も重賞2勝を挙げました。

繁殖入り後、ステージチャンプ、プライムステージと2頭の重賞勝ち馬と6頭の後継牝馬を残し、孫世代も3頭が重賞を勝利しています。
中でもグラスワンダー産駒の2頭が活躍。
スクリーンヒーローは4歳夏~秋に祖母同様の急成長を見せます。
M・デムーロ騎手を背に9番人気(単41.0倍)で迎えたジャパンカップを勝利しました。
同馬の従兄マルカラスカルも、JGⅠ2勝で最優秀障害馬となっています。



スポンサードリンク






3.マジックゴディスの牝系図


マジックゴディス牝1968
モデルスポート牝1975(7勝/ダービー卿CT/牝馬東タイ杯)
||ステラスポート牝1981(3勝)
|||シューティンスター牝1989
||||キマグレ牝2002(2勝)
|||サンシャインステラ牝1990
|||クヴァルダ牝2005(2勝)
||ダイナアクトレス牝1983(7勝/京王杯スプリングC/スプリンターズS/毎日王冠)
|||ステージチャンプ牡1990(4勝/日経賞/ステイヤーズS)
|||プライムステージ牝1992(3勝/フェアリーS/札幌3歳S)
||||アマビリータ牝2002(7勝)
|||||ケツァール牝2008(1勝)
||||プライムアクトレス牝2002(3勝)
||||アブソリュート騸2004(7勝/富士S/東京新聞杯)
||||エフティアクトレス牝2005(2勝)
|||ランニングヒロイン牝1993
||||リメンバードリーム牝2002(3勝)
||||スクリーンヒーロー牡2004(5勝/ジャパンC)
||||カクテルラウンジ牝2005(3勝)
||||センターステージ牝2006(4勝)
||||ラントゥザリード牝2008(1勝)
|||トレアンサンブル牝1995
||||マルカラスカル牡2002(10勝/中山グランドジャンプ/中山大障害)
||||ミステリーチューン牝2003(4勝)
||||ソウルフルヴォイス牝2007(4勝)
||||アンコールピース牝2009(1勝)
|||サイキョウロマン牝1997(1勝)
|||ステージトゥラン牝1998(1勝)
||||エレガントステージ牝2006(1勝)
|||ベストロケーション牝2005(5勝)
||プリンセスアーニャ牝1986
|シャダイゴッデス牝1976
||ダイナイブ牝1983
|||トーワディステニー牝1988(3勝)
||||トーワベガ牡2004(4勝/阪神スプリングジャンプ)
|||マチカネタナバタ牝1993(3勝)


まとめ


以上が牝系マジックゴディスについてでした。
この牝系では、なんといってもスクリーンヒーローでしょうか。
2008年のジャパンカップで突如脚光を浴びました。
ちなみに、このレースの2着はその年のダービー馬のディープスカイ、3着がその前の年のダービー牝馬ウオッカでした。



スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました