So-net無料ブログ作成
検索選択

牝系アルマームード(Almahmoud)とは!ノーザンダンサーの祖アルマームードを解説! [牝系]

アルマームード(Almahmoud)は1947年1月1日生まれのアメリカ産牝馬です。
ファミリーナンバーは【2-d】です。
現役時代は11戦して4勝、ヴァインランドHなどのレースを制覇しました。
今回は、牝系アルマームードについて解説します。



スポンサードリンク






1.アルマームード(Almahmoud)の血統!


父:Mahmoud
父父:Blenheim
父母:Mah Mahal
父父父:Blandford
父父母:Malva
父母父:Gainsborough
父母母:Mumtaz Mahal

母:Arbitrator
母父:Peace Chance
母母:Mother Goose
母父父:Chance Shot
母父母:Peace
母母父:Chicle
母母母:Flying Witch


2.アルマームード(Almahmoud)牝系とは?


アルマームードは競馬の歴史において最も影響力のある牝系と言ってもよいと思います。
ノーザンダンサー、デインヒル、へイローという世界的に大成功を収めた種牡馬が多く出ていますし、半永久的に競馬史に残って行くと思われる血脈です。

米2歳牝馬チャンピオンのマザーグースの孫で、英ダービー馬マームード産駒のアルマームードは現役時代、ステークス勝ちを含む11戦4勝の成績。
コスマーとナタルマの2頭が大きく枝葉を広げました。

コスマーの直仔へイローは競走馬としても活躍しましたが、種牡馬としてさらに成功をおさめます。
サンデーサイレンス、デヴィルズバッグなどを出しました。

サンデーサイレンスは日本に輸入されて数々の記録を残し、日本競馬史上最高の種牡馬と言われる程の成功をおさめています。

ナタルマの直仔ノーザンダンサーは米2冠馬。
種牡馬入り後はニジンスキー、リファール、ヌレイエフ、サドラーズウェルズ、ダンチヒ、ストームバードなどが子孫を広げて“20世紀最高の種牡馬”とも呼ばれ、世界の血統地図を塗り替える大種牡馬となりました。

ナタルマの曾孫でダンチヒを父に持つデインヒルはアルマームード3×3のクロスの持ち主です。
シャトル種牡馬として南半球にも渡り、英愛・仏・豪州でリーディングサイアーを獲得します。
特に欧州と豪州で父系を大きく広げています。

この牝系は日本でもコンスタントに重賞勝ち馬が出現します。
意外にもレッドリヴェールの2013年阪神ジュベナイルフィリーズが初のJRAGⅠ勝利だったのです。



スポンサードリンク






3.アルマームード(Almahmoud)の牝系図


Almahmoud(4勝/ヴァインランドH/コリーンS)
Cosmah牝1953(9勝/アスタリタS)
||Cosmiah牝1959
|||Muriesk牝1979(3勝)
||||My Rainbow牝1987
|||||Pacific City牝1993(4勝)
||||||エイシンロンバード牡2002(7勝/武蔵野S)
||Flamingo Way牝1960(5勝)
|||ダンシングフリー牝1979
||||I'm Out牝1984(7勝)
|||||ディソサード牝1991(2勝)
||||||レッドリヴェール牝2011(3勝/阪神JF)
||Royal Match牝1964
|||マッチレスネイティヴ牝(3勝)
||||ロイヤルコスマー牝1982(3勝)
|||||ロイヤルティアラ牝1991(5勝)
||||||グレイスティアラ牝2003(4勝)
||Queen Sucree牝1966(1勝)
|||Cannonade牡1971(7勝/ケンタッキーダービー)
|||Kennelot牝1974(3勝)
||||Lotka牝1983(10勝/エイコーンS)
|||||マンボツイスト牡1995(12勝/マーチS/平安S)
|||ステラーオデッセイ牝1984
||||Altair牝1991
|||||Aldebaran Light牝1996(3勝)
||||||エスケンデレヤ牡2007(4勝/ウッドメモリアルS)
||||エリモアメジスト牝1992(2勝)
|||||エリモマキシム騸1999(10勝)
||Halo牡1969(9勝/ユナイテドネイションズH)
||La Dame Du Lac牝1973
|||Alpine Swift牝1983
||||ローマステーション牝1987(1勝)
|||||ローマンエンパイア牡1999(5勝/京成杯)
|||Nazoo牝1988(4勝)
||||プリンシピウム牝1995
|||||コンゴウリキシオー牡2002(7勝/マイラーズC/金鯱賞/きさらぎ賞)
||Honor Tricks牝1976
|||アセルティンズエンジェルス牝1987
||||アラタマインディ牡1997(5勝/小倉記念)
|Natalma牝1957(3勝)
||Northern Dancer牡1961(14勝/ケンタッキーダービー/プリークネスS/フロリダダービー/フラミンゴS/ブルーグラスS/レムゼンS)
||Spring Adieu牝1974(3勝)
|||Razyana牝1981
||||Danehill牡1986(4勝/ヘイドックスプリントC)
||Raise the Standard牝1978
|||Coup de Folie牝1982(4勝/オマール賞)
||||Machiavellian牡1987(4勝/モルニー賞/サラマンドル賞)
||||ハイドロカリド牝1989(3勝/アスタルテ賞)
|||||Heraklia牝1994
||||||フィフティーワナー騸2002(6勝/アンタレスS)
|||||シンコウカリド牡1998(3勝/セントライト記念)
||||Coup de Genie牝1991(4勝/モルニー賞/サラマンドル賞)
|||||Moonlight's Box牝1996
||||||バゴ牡2001(8勝/凱旋門賞/パリ大賞/ガネー賞/ジャンプラ賞/クリテリヨムアンテルナシヨナル)
||Born a Lady牝1981(4勝)
|||リトルアロー牝1998
||||アントニオバローズ牡2006(2勝/シンザン記念)
|Bubbling Beauty牝1961
||Arctic Tern牡1973(4勝/ガネー賞)
||Champagne Cocktail牝1976(1勝)
|||Meadow Mist牝1985(2勝)
||||エイシンガイモン牡1993(7勝/セントウルS/関屋記念)


まとめ


以上が牝系アルマームード(Almahmoud)についてでした。
この牝系は確かに凄いです。
しかし広がりが、牝系というよりも、種牡馬としての影響が大きいような印象があります。
実際に、牝系初のJRAGⅠ制覇が2013年までありませんでしたから…。
ということは、牝系としては日本の馬場にはいまひとつということなのでしょうか??
まあ、重賞勝利は多く出ていますので、そんじょそこらの牝系に比較したら凄いのは間違いのないところです。



スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました