So-net無料ブログ作成
検索選択

牝系ビーヴァーストリート(Beaver Street)とは!ヌーヴォレコルトの祖ビーヴァーストリートを解説! [牝系]

ビーヴァーストリート(Beaver Street)は1953年生まれのアイルランド産牝馬です。
ファミリーナンバーは【3-d】です。
現役時代は8レースに出走しましたが勝利どころか3着以内にも入ることができずに競走馬を引退しました。
今回は、牝系ビーヴァーストリートについて解説します。



スポンサードリンク






1.ビーヴァーストリート(Beaver Street)の血統!


父:My Babu
父父:Djebel
父母:Perfume
父父父:Tourbillon
父父母:Loika
父母父:Badruddin
父母母:Lavendula

母:Wood Fire
母父:Bois Roussel
母母:Blue Smoke
母父父:Vatout
母父母:Plucky Liege
母母父:Blue Peter
母母母:Fireplace


2.ビーヴァーストリート(Beaver Street)牝系とは?


ビーヴァーストリート系は2014年のオークス馬ヌーヴォレコルトが出た牝系です。
自身は未勝利だったのですが、ネイティヴストリートなど4頭のステークスウイナーを出す優秀な繁殖牝馬でした。

近年は欧州での活躍馬が目立っており、欧州スプリントチャンピオンで、種牡馬としても欧州や南半球で多くのGⅠ馬を出しているストラヴィンスキー、GⅠ3勝のハーフウェイトゥへヴンなど5頭がGⅠを勝っています。

日本では持込馬のトーヨーリファールが芝・ダート問わず重賞3勝の活躍を見せます。
重賞未勝利でしたがゴッドインチーフも実力馬で、阪神3歳牝馬ステークスでスティンガーの3着など重賞で好走を繰り返し、エルフィンステークスでは8馬身差で圧勝しています。

米国調教馬ですが、フリートストリートダンサーは2003年ジャパンカップダートで断然人気のアドマイヤドンを破り、外国調教馬として唯一の同レース勝ち馬となりました。

そして2014年、この牝系の日本調教馬として初のGⅠ馬となったのがゴッドインチーフの姪ヌーヴォレコルトです。
3歳になってから頭角を現し、桜花賞3着を経て出走したオークスで断然人気のハープスターを破りGⅠの舞台で重賞初制覇を飾っています。

思えば、フリートストリートダンサーがジャパンカップダートで2着に破ったアドマイヤドンは2冠牝馬ベガの息子で、ハープスターはベガの孫。
2度のJRAGⅠがいずれもベガ一族の人気馬を破ってのものというのは、興味深い因縁ですね。



スポンサードリンク






3.ビーヴァーストリート(Beaver Street)の牝系図


Beaver Street牝1953
Native Street牝1963(10勝/ソロリティS/ケンタッキーオークス/インタバラH/ベッツィーロスH/ジャスミンS/アストリアS)
||Royal and Regal牡1970(6勝/フロリダダービー)
||Street's Glory牝1972
|||Fager's Glory牝1976
||||Rahaam牝1987(1勝)
|||||Verglas牡1994(3勝コヴェントリーS)
|||||Cassandra Go牝1996(6勝/テンプルS/キングズスタンドS/キングジョージS)
||||||Halfway To Heaven牝2005(4勝/愛1000ギニー/サンチャリオットS/英ナッソーS)
||||ファーガーズプロスペクト牝1990(1勝)
|||||ゴッドインチーフ牝1996(3勝)
|||||オメガスピリット牝2001(3勝)
||||||ヌーヴォレコルト牝2011(6勝/オークス)
||||ウエイアウト牝1991(1勝)
|||||プロフュージョン牝2001(5勝)
||||||ハードデイズナイト牝2010(6勝)
||Straight Street牝1974(1勝)
|||カリカチユーラ牝1978(2勝)
||||エーエージェント牝1988(2勝)
|||||エーピーバースト牡1996(4勝)
||||カートゥーン牝1995(5勝)
|||||デピュティプリミエ牝2004
||||||ドコフクカゼ牡2010(7勝現役)
||Prospector's Fire牝1976
|||ドージング牡1984(4勝/ヘイドックスプリントC)
|||Fire the Groom牝1987(8勝/ビヴァリーディS)
||||ストラヴィンスキー牡1996(3勝/ジュライC/ナンソープS)
|||インバレル牝1988
||||タガノシャーデ牝1993
|||||アスカトップレディ牝2007(5勝)
||Mr. P.'s Girl牝1978(2勝)
|||サンダードーム牝1983(6勝)
||||トーヨーリファール牡1990(6勝/ニュージーランドT4歳S/マーチS/平安S)
||||トーヨーサンバ牝1998(2勝)
|||Aunt Pearl牝1989(2勝)
||||Pearl of Love牡2001(4勝/伊グランクリテリウム)
Street Dancer牝1967(13勝/ミレイディH/ラモナH/オータムデイズH)
||Nijinska Street牝1976(3勝)
|||River Special牡1990(4勝/ハリウッドフュチュリティ/ノーフォークS)
||Street Ballet牝1977(6勝)
|||Fleetstreet Dancer騸1998(5勝/JCダート)
|Majestic Street牝1972(2勝)
||Wajima Street牝1982
|||Red Mischief牝1993(10勝)
||||アーマイン牝2003(3勝)
||Palace Street牝1987(3勝)
|||Sakhee's Secret牡2004(5勝/ジュライC)


まとめ


以上が牝系ビーヴァーストリート(Beaver Street)についてでした。
この牝系のヌーヴォレコルトは、今年の3月金鯱賞10着を最後に競走馬を引退しました。
それにしても、ヌーヴォレコルトのオークスはお見事でしたね。
断然人気のハープスターは単勝1.3倍、2番人気のヌーヴォレコルトが単勝9.8だからその差は歴然です。
それをクビ差でひっくり返したのです。
今後は産駒に期待します。



スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました