So-net無料ブログ作成
検索選択

牝系チェインジウォーター(Change Water)とは!レジネッタの祖チェインジウォーターを解説! [牝系]

チェインジウォーター(Change Water)は1969年生まれのアメリカ産牝馬です。
ファミリーナンバーは【4-m】です。
現役時代はアメリカで12レースに出走し1勝を挙げました。
今回は、牝系チェインジウォーターについて解説します。



スポンサードリンク






1.チェインジウォーター(Change Water)の血統!


父:Swaps
父父:Khaled
父母:Iron Reward
父父父:Hyperion
父父母:Eclair
父母父:Beau Pere
父母母:Iron Maiden

母:Portage
母父:War Admiral
母母:Carillon
母父父:Man o'War
母父母:Brushup
母母父:Case Ace
母母母:Sunfeathers


2.チェインジウォーター(Change Water)牝系とは?


チェインジウォーター系は“世界の名牝系”というテーマでも名が挙がることが想定されるほどの名牝系です。
1994年の米年度代表繁殖牝馬フォールアスペンを中心に発展しています。
チェインジウォーターの母ポーテイジからは、テイエムオペラオー、ブルーメンブラットと、コジーンなどが加わる、巨大な牝系が形成されています。

フォールアスペンの産駒は出走した13頭中、重賞勝ち馬9頭を含む12頭が勝ち馬となりました。
10番仔ティンバーカントリーはBCジュヴェナィルの勝ち馬として初めて米クラシックレース・プリークネスステークスを勝利。
日本で種牡馬入りし、アドマイヤドンなどダートの活躍馬を多く出しています。

ティンバーカントリーの甥にあたるドバイミレニアムは“世界競馬史上最強馬”としても名前の挙がる馬の一頭で、ドバイワールドカップを6馬身差のレコードタイムで圧勝しています。
引退後種牡馬入りしたものの、2001年4月に急性グラスシックネスという神経系の奇病で急逝しました。
残した産駒はわずか1世代だったのですが、後継種牡馬のドバウィはドバイワールドカップのモンテロッソや2014年英2000ギニーを勝ったナイトオブサンダーなどを出して成功しており、父系継続に望みを繋いでいます。

日本では、米GⅠ馬ノーザンアスペンの子孫となるレジネッタが2008年桜花賞を12番人気で勝利して初のGⅠ馬となりました。
また2013年、この牝系でも傍流の系統から出たアジアエクスプレスが朝日杯フューチュリティステークスを制し2歳王者となっています。



スポンサードリンク






3.チェインジウォーター(Change Water)の牝系図


Change Water牝1969(1勝)
Fall Aspen牝1976(8勝/メイトロンS)
||Northern Aspen牝1982(5勝/ゲイムリーH)
|||マクダヴィア牝1992
||||アスペンリーフ牝1997(1勝)
|||||レジネッタ牝2005(4勝/桜花賞)
||||ラシルフィード牝1999(5勝)
|||Candace in Aspen牝1997(1勝)
||||ヒシアスペン牝2004(3勝)
||Elle Seule牝1983(3勝/アスタルテ賞)
|||Only Seule牝1988(1勝)
||||Occupandiste牝1993(6勝/フォレ賞/モーリスドゲースト賞)
||Colorado Dancer牝1986(3勝/ポモーヌ賞/ミネルヴ賞)
|||Dubai Millennium牡1996(9勝/ドバイワールドC/クイーンエリザベス二世S/ジャックルマロワ賞/プリンスオヴウェイルズS)
||Dance of Leaves牝1987
|||Charnwood Forest牡1992(4勝/クイーンアンS/チャレンジS)
|||オータムメロディー牝2002
||||ピクシープリンセス牝2008(3勝)
||Sheroog牝1988(1勝)
|||Kabool牡1995(5勝/ロンポワン賞/ギヨームドルナーノ賞/ダフニス賞)
||Hamas牡1989(5勝/ジュライC)
||Fort Wood牡1990(3勝/パリ大賞)
||ティンバーカントリー牡1992(5勝/プリークネスS/BCジュヴェナイル/米シャンペインS)
|Paintbrush牝1977(3勝)
||She's a Talent牝1983(1勝)
|||Impertinent Lady牝1988(2勝)
||||エイシンレマーズ牝1996(2勝)
|||She's Tops牝1989(4勝/レイルバードS)
||||Dixie Union牡1997(7勝/ハスケル招待H/マリブS)
|River Crossing牝1984
||Deputy's Mistress牝1990
|||Backatem牝1997(2勝)
||||ランニングボブキャッツ牝2002(9勝)
|||||アジアエクスプレス牡2011(4勝/朝日杯FS)
|スィートシエロ牝1987
||ツルマルツヨシ牡1995(5勝/京都大賞典/朝日CC)
||スイートアスペン牝1999
|||スイートカルタゴ牝2005(3勝)


まとめ


以上が牝系チェインジウォーター(Change Water)についてでした。
小牧太騎手を鞍上に桜花賞を勝利したレジネッタ。
懐かしいです。
この年代はレベルが低いと言われましたが、クラシック制覇は立派です。
ちなみにこの桜花賞の2着は15番人気で、3連単が700万円以上つきました。



スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。