So-net無料ブログ作成
検索選択

牝系ゴールデントレイル(Golden Trail)とは!ブライアンズタイムの祖ゴールデントレイルを解説! [牝系]

ゴールデントレイル(Golden Trail)は1958年生まれのアメリカ産牝馬です。
ファミリーナンバーは【4-r】です。
現役時代はアメリカで11戦して2勝、2着2回の成績で競走馬を引退しました。
今回は、牝系ゴールデントレイルについて解説します。



スポンサードリンク






1.ゴールデントレイル(Golden Trail)の血統!


父:Hasty Road
父父:Roman
父母:Traffic Court
父父父:Sir Gallahad
父父母:Buckup
父母父:Discovery
父母母:Traffic

母:Sunny Vale
母父:Eight Thirty
母母:Sun Mixa
母父父:Pilate
母父母:Dinner Time
母母父:Sun Briar
母母母:Comixa


2.ゴールデントレイル(Golden Trail)牝系とは?


ゴールデントレイルはブライアンズタイムやモナーコスなど米国を中心に広がり、日本ではエアシャカールが出た牝系です。

この牝系は1985年生まれのロベルト産駒が当たり年です。
ブライアンズタイムは3月のフロリダダービーを制すと、プリークネスステークス2着など米クラシック戦線で好走します。
サンシャインフォーエヴァーは秋に芝GⅠを3連勝し、米芝チャンピオンに輝いています。

この2頭はいずれも輸入されましたが、先に輸入されたブライアンズタイムはサンシャインフォーエヴァー側との交渉がまとまらなかった末の代用だったのです。
結果、ナリタブライアンやマヤノトップガンなどの名馬を出し大成功を収めましたが、巡り合わせ次第では輪入されなかった可能性もあったわけで、日本の競馬史が大きく違うものになっていたかもしれません。

もう一頭の同期ダイナフォーマーは競走馬としてはGⅡ勝ちに止まりましたが、種牡馬としてはケンタッキーダービー馬バーバロを出すなど欧米で大成功を収めています。

その他、モナーコスは2001年ケンタッキーダービーを制覇します。
種牡馬としてもGⅠ馬を出しています。

日本では、エアシャカール、エアメサイア2頭のGⅠホースが誕生しました。
エアシャカールは皐月賞、菊花賞を制した2冠馬で、日本ダービーはアグネスフライトのハナ差2着に敗れており、史上最も3冠に近い2冠馬とも言われています。
種牡馬入り後、放牧中の事故で逝去。
残した産駒はわずか4頭でした。



スポンサードリンク






3.ゴールデントレイル(Golden Trail)の牝系図


Golden Trail牝1958(2勝)
|Meadow Stream牝1963(6勝)
||Monica Anne牝1981
|||Monica Faye牝1988(6勝)
||||シルクエスペランサ牝1996(3勝)
|||||シルクフォーチュン牡2006(8勝/カペラS/根岸S/プロキオンS)
||||シルクブラボー牡2000(3勝/デイリー杯2歳S)
|On the Trail牝1964
||Tobacco Trail牝1969(1勝)
|||Hidden Trail牝1975
||||アイドリームドアドリーム牝1987(2勝)
|||||ゼルマジョーンズ牝1993(1勝)
||||||ナイストップクイン牝2000(2勝)
|||||エアデジャヴー牝1995(2勝/クイーンS)
||||||エアシェイディ牡2001(7勝/AJCC)
||||||エアメサイア牝2002(4勝/秋華賞)
|||||||エアメスピネル牡2013(3勝/京都金杯)
|||||エアシャカール牡1997(4勝/皐月賞/菊花賞)
|||||エアラグーン牝1998(1勝)
||||||エアソミュール牡2009(10勝/毎日王冠/鳴尾記念)
||Regal Road牝1971(6勝)
|||リーガルロベルタ牝1980(6勝)
||||Regal Band牝1987(3勝)
|||||Monarchos牡1998(4勝/ケンタッキーダービー/フロリダダービー)
||Darby Creek Road牡1975(6勝/サラトガスペシャルS)
||Andover Way牝1978(9勝/トップフライトH)
|||Dynaformer牡1985(7勝/ジャージーダービー/ディスカヴァリーH)
|Java Moon牝1970(9勝/カムリーS)
||Our Tina Marie牝1978
|||Roberto's Hope牝1987(3勝)
||||Rahy's Hope牝1996(1勝)
|||||Rahy's Attorney騸2004(14勝/ウッドバインマイルS)
|||Misty Hour牝1995(4勝)
||||Pilfer牝2001(3勝)
|||||To Honor and Serve牡2008(8勝/ウッドワードS/シガーマイル)
||All My Memories牝1979(1勝)
|||Memories of Silver牝1993(9勝/ビヴァリーディS/Qエリザベス二世チャレンジC)
||||Winter Memories牝2008(8勝/ダイアナS/ガーデンシティS)
|Outward Sunshine牝1974(6勝)
||サンシャインフォーエヴァー牡1985(8勝/バドワイザー国際/ターフクラシック/マンノウォーS)
||Happy Sunshine牝1987
|Kelley's Day牝1977(5勝)
||コートネイズデイ牝1983
|||イマジネーション牝1996
||||クリールパッション牡2005(8勝/エルムS)
||ブライアンズタイム牡1985(5勝/フロリダダービー/ペガサスH)
||Floramera牝1991(4勝)
|||エンキャンタドゥ牝1997
||||ヒラボクキング牡2007(6勝/平安S)
|Autumn Glory牝1978(6勝)
||Carya牝1986
|||Ryafan牝1994(7勝/マルセルブサック賞/メイトリアークS/Qエリザベス二世チャレンジC/イエローリボンS)


まとめ


以上が牝系ゴールデントレイル(Golden Trail)についてでした。
この牝系のエアメサイアは、2005年の秋華賞を制覇したGⅠホースです。
現役時代は12戦して4勝、一度も掲示板を外すことない安定した成績をおさめました。
引退後は、2016年の牡馬クラシック戦線で活躍したエアスピネルを輩出しました。
エアスピネルもデビュー以来、武豊騎手とのコンビで、2017年の安田記念まで12戦3勝、一度も掲示板を外していません!



スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。