So-net無料ブログ作成
検索選択

ブエナビスタ初仔コロナシオンが今年デビュー予定!! [新馬情報]

2014年に誕生した、ブエナビスタの初仔、「コロナシオン」(牝馬)が今年デビューするみたいです。
キングカメハメハとの間に生まれたコロナシオン(牝馬)。
活躍してくれるのでしょうか???



スポンサードリンク





サンデーレーシングで池添学厩舎から今年デビュー


ブエナビスタの初仔です。
どういった走りを見せてくれるのか楽しみですね。
ダイワスカーレットやウオッカの仔にも期待したのですが、ちょっと、っていった感じでしょうか。
まあ、親が偉大すぎましたからね・・・。
シーザリオやエアブルーヴの血筋はかなりの活躍だったので、ブエナビスタの仔にも期待がかかります。
コロナシオンは「戴冠式」という意味だそうです。
戴冠式とは、新国王が,王家に伝わる宝冠を初めてかぶり,即位を内外に明らかにする儀式なのだそうです。
素敵な名前ですね。

ちなみに、父キングカメハメハで母父スペシャルウィークは、リオンディーズと同じです。リオンディーズの母親はシーザリオ。良血ですね。
リオンディーズは朝日杯フューチュリティ―ステークスを勝利しG1獲得2歳チャンピオンとなりました。
弥生賞では2番人気ながらマカヒキに敗れるも2着です。
今年のクラッシックの活躍が期待される馬であることは間違いないところ。

コロナシオンにも、期待したいところです。
デビューはいつになるのか。楽しみですね。



スポンサードリンク





それから、ブエナビスタの2015もいます。こちらも牝馬ですね。
こちらも、父親がキングカメハメハ。こちらの行方も気になるところです。

ブエナビスタは、現役時代G1を6勝。
牡馬に全く引けを取らなかったですね。
同年代の馬の中では、牡馬、牝馬あわせて考えても最強クラスだったのではないでしょうか。
昔の思い出のレース動画を貼っておきます。

2009年 第70回 優駿牝馬(オークス)(GI) ブエナビスタ


ウルトラ回収率(2015〜2016) [ 競馬王編集部 ]

ウルトラ回収率(2015〜2016) [ 競馬王編集部 ]
価格:1,998円(税込、送料込)



これは3歳時のオークスです。ライバルのレッドデザイヤとはクラッシックレースでデッドヒートでしたね。
当時は安藤勝己騎手だったのですが、よく間に合いましたよね。
本当に、安藤騎手は後ろからでぎりぎりで追いつくレースでした。
その後、エリザベス女王杯で超人気薄に追いつけないレースをしてしまい、その後は、安藤勝己騎手の騎乗はありませんでした。
何があったのかはわかりません。
エリザベス女王杯も貼っておきます。
この時は大波乱でした。

2009年 第34回 エリザベス女王杯(GI) クィーンスプマンテ(田中博康)


勝利したクイーンスプマンテが11番人気。2着のテイエムプリキュア12番人気で、ブエナビスタは1番人気で3着。
この時の3連単が1,545,760円で大波乱でした。
でも、大逃げがあると、何が起こるかわかりませんね。
その分面白いのですが・・・。



スポンサードリンク