So-net無料ブログ作成

スタチューオブリバティ産駒の特徴は?好走条件や傾向を分析! [種牡馬別産駒の特徴]

ストームキャットを父にもつスタチューオブリバティはアメリカ産馬。
このストームキャットは母父の場合、ディープインパクトと相性が良いことで有名です。
キズナやラキシスがそうですね。
その他にも、キングカメハメハを父に持つロードカナロアも母父ストームキャットです。
凄いです。
そのストームキャットの後継馬でありますスタチューオブリバティ。
今回は、スタチューオブリバティ産駒の狙うべき競馬場や距離、またどのレースがよいのか特徴と傾向を調べてみました。



スポンサードリンク





スタチューオブリバティ産駒の特徴と傾向とは?


2015年はアクティブミノルのセントウルステークスの逃げ切り、キクノストームのカペラステークスの後方一気で重賞を2勝しました。
快速ストームキャット系らしく、芝ダート両方の短距離戦で“ハマったときだけ強い”ムラ駆けの穴血統として自由のたいまつを掲げています。
重賞6連対中、10番人気以下が3つという凄さです。
飛ばしてバテたときの着順はノーカウントとすれば、前走2桁着順でも無視しても問題はないのかもしれません。

穴が多いのは、休み明けでひと叩きした後の一変や、距離を延ばして凡走した後、短距離に戻ってきたところ、小回りの内枠に入ってすんなり先行できたときなどです。

勝ち鞍の7割がダートで、得意は中京ダート1200m、中山ダート1200m、東京ダート1400mなど、スピードで押しきれるコースです。
ダート1000mも得意で、この距離では複勝率が4割を超えるのです。
すんなり先行できるかどうかが大切なので、テン3ハロンのタイムを他馬と比較したり、その馬より外枠に速い馬がいないか(いると外からこすられて折り合いが難しい場合があります。)を確認しておくことも重要です。
また、ダートの重不良は好走率が上がります。

早熟ですので若い年齢は狙い目です。
アクティブミノルが函館2歳ステークスを制するなど、ローカルの芝1200mは特に狙っていきたいところです。
ただし、豪州に輸出されてしまいましたので、国内の産駒は2016年の3歳世代が最後となります。



【参考】
重賞6連対中、10番人気以下の連対が3回。
ダートの重不良馬場の勝率が9.1%。ダートの良馬場の勝率が6.0%。





スポンサードリンク





スタチューオブリバティ産駒の狙いの競馬場は?


最も勝利している競馬場
ダートの東京

最適コース
牡馬:函館芝1200m・中山ダート1200m
牝馬:福島芝1200m・函館ダート1000m


スタチューオブリバティ産駒の年齢別成績は?


2歳:17勝(92頭)勝率18.5%
3歳前半:18勝(102頭) 勝率17.6%
3歳後半:12勝(70頭) 勝率17.1%
4歳:12勝(27頭) 勝率44.4%
5歳:8勝(20頭) 勝率40.0%
6歳以上:2勝(5頭) 勝率40.0%



まとめ


以上が、スタチューオブリバティ産駒についてでした。
輸出されてしまって、今後の産駒がいなくなるのは寂しいことですね。
代表産駒のアクティブミノルのレースを見てみましょう。



重賞を勝利した、アクティブミノルもまだ4歳です。
今年もまだまだ頑張ってほしいものですね。
参考にしていただければ幸いです。



スポンサードリンク