So-net無料ブログ作成

東京競馬場芝!2400mの特徴!コース形状と傾向・脚質・血統を分析! [コースの特徴]

東京競馬場の芝2400mはオークス(GⅠ)、日本ダービー(GⅠ)、ジャパンカップ(GⅠ)、青葉賞(GⅡ)などが行われます。
ということで、今回は東京競馬場の芝2400mの特徴と傾向、さらにはどういった脚質や血統が適しているのかなどをまとめてみました。



スポンサードリンク





コース形状とレース展開・脚質分析


東京芝.jpg

日本ダービー、オークス、ジャパンカップの3つの大レースの舞台になるJRAの看板コースです。
スタンド前直線半ばからのスタートとなります。
1コーナーまでの直線距離は350m。
芝2300mと同じくスタート地点がコース最頂部で、1コーナー過ぎからゆるやかで長い下りが始まります。
向正面半ばからコブ越えし、3コーナー半ばで下り終えたところがコース最底部です。
かすかな上り傾斜の4コーナーを回って直線に入るとすぐに急坂です。
さらに300m平坦な直線を走ってゴールとなります。
ゴール前直線は525m。


スタート後1コーナーまでの距離が延びる分テンがやや速いです。
向正面前半の下りの惰性でコブを乗り越えます。
コース最底部から4コーナー出口に向かって自力で加速します。
坂越え前半が勝負どころでいちばん速くなります。


内有利で外が不利です。
しばしば「全馬が能力をフルに発揮できるコース形態で、枠順の有利不利もあまりない」・・・・・のように紹介されがちですが、データを見れば内有利外不利は一目瞭然なのです。
正確には「枠順の有利不利はありますが、能力差があればそれを克服できるコース形態」というべきではないでしょうか。
その理由は、スタート地点が東京の巨大スタンドのど真ん前にあるため、観客席に近い側の外め番の馬がビビッてしまうのではないかと考えていましたが、であればAコース開催のときよりDコース開催のときのほうが外枠不利になるはずですが、そうなっていないのです。
現状では理由は不明です。


いずれにせよ脚質がどうあっても外に行くにしたがって少しずつ成績が悪くなっていくのです。
逃げ・先行馬は内め(~7番)がよく、17番より外は不利です。
逃げ馬は少頭数になると好走しやすいですが、それも内めからスタートできる影響が大きいと思われます。
差し馬は連下までなら外でも来ますが、勝つのは内め(~5番)が多くなっています。
追込馬も1番~3番の成績がよくなっています。


芝の長距離レースの中で最も逃げ・先行不利な部類に属するコースです。
ただし、1番人気の先行馬だけは成績がよくなっています。


穴が出る場合は人気薄かつ内めの馬番の先行・差し・追込み馬が激走する確率が高いためわかりやすいです。




スポンサードリンク





それでは、実際の東京競馬場芝2400mのレースをご覧ください。

2011 第78回日本ダービー(東京優駿) オルフェーヴル(HD)


血統データを3年間の実績で検証


注目産駒の筆頭格として強調したいのは、ダイワメジャー産駒です。
特に、前走の馬体重が490キロ以上だった馬、すなわち馬格のある産駒は非常に優秀な成績を収めているうえ、東京芝1600m、東京芝1800m、東京芝2000m、東京芝2300m、東京芝2400m、東京芝2500m、東京芝3400mの各コースで好走例があるのです。
どんな条件のレースでも必ずチェックするのが賢明です。
ダイワメジャー産駒・・・前走馬体重490キロ以上の複勝率が43%弱、複勝回収率が180%強


ディープインパクト産駒は重賞こそ複勝率が40%台、複勝回収率が110%台ですが、その他のレースは複勝率が23%強、複勝回収率が44%台なので過信は禁物です。
また、キングカメハメハ産駒やハーツクライ産駒は苦手とする枠順がありますので要注意です。
キングカメハメハ産駒・・・馬番1番~7番の複勝率が7%強
ハーツクライ産駒・・・6枠~8枠の複勝率が0%


まとめ


以上が、東京競馬場の芝2400mの特徴、傾向、脚質、血統などについてでした。
やはり、ポイントはでっかいダイワメジャー産駒。
必ず、前走の馬体重をチェックしましょう。
なんとなく、心肺能力が要求されそうですので、筋肉が少ない馬がよいのではと思いがちですが、ダイワメジャー産駒は違うようです。
ご参考にしていただければと思います。



スポンサードリンク