So-net無料ブログ作成
検索選択

アドマイヤキングがデビュー間近!アドマイヤグルーヴの孫! [新馬情報]

2歳馬が続々デビューします。
今年デビューしそうな期待の1頭をご紹介します。
今回は、アドマイヤグルーヴの孫!アドマイヤキング(牡馬)について解説します。



スポンサードリンク






1.アドマイヤキングの血統!


父:キングカメハメハ
父父:Kingmambo
父母:マンファス
父父父:Mr. Prospector
父父母:Miesque
父母父:ラストタイクーン
父母母:Pilot Bird

母:アドマイヤテンバ
母父:クロフネ
母母:アドマイヤグルーヴ
母父父:フレンチデピュティ
母父母:ブルーアヴェニュー
母母父:サンデーサイレンス
母母母:エアグルーヴ

父はキングカメハメハです。
キングカメハメハは、日本の種牡馬ランキングで2012年から2016年まで1位ディープインパクトに続く2位をキープしています。
ディープインパクトがトップになるまでは、キングカメハメハが2010~2011年まで1位でした。
産駒の特徴については、以下の【キングカメハメハ産駒の特徴】をご覧ください。

【キングカメハメハ産駒の特徴】
http://g2015graman.blog.so-net.ne.jp/2016-08-23

そして母がアドマイヤテンバです。
母アドマイヤテンバの現役時代は、22戦4勝で重賞勝利はありませんでした。
アドマイヤテンバの母アドマイヤグルーヴはエリザベス女王杯2連覇の実績を持つGⅠ馬。
そしてそのアドマイヤグルーヴの母がエアグルーヴ。
エアグルーヴは天皇賞(秋)などGⅠ2勝、牡馬を相手に数々の名勝負があります。
ちなみに、父キングカメハメハと祖母アドマイヤグルーヴとの間の仔に牡馬クラシック2冠馬ドゥラメンテがいます。



これがアドマイヤキングの実際の姿です。
「ヤバいかも!」って、どんなに凄いのでしょうか!!
コメントを聞くだけで期待が膨らみます!!



スポンサードリンク






2.アドマイヤキングとは?


牡馬
生年月日:2015年2月8日
調教師:友道康夫 (栗東)
馬主:近藤利一
生産者:ノーザンファーム
現在の馬体重が520キロくらいとなっているようです。

名前のアドマイヤキングの由来は、近藤利一さんの冠名「アドマイヤ」と王様の「キング」です。
アドマイヤドン、アドマイヤボス、アドマイヤトップもいますし、なんとなく頂点をイメージした名前が結構いますね…。


3.アドマイヤキングのその他の情報


3月末の段階でノーザンファーム早来の木村厩舎長は、
「最初は硬かったが、トモもしっかりしてキングカメハメハ産駒っぽくなった。体もトモも高かったが、走りのバランスが良くなってきた。凄く動いて息遣いも良いし、やってもやっても体が減らないので順調に乗り込めている」
とコメントしています。

また5月1日の段階では、
「524キロ。この馬は柔らかいというよりもパワフルでドゥラメンテに似ている。血統も近いがドゥラメンテ系統の乗り味だな~と。血統的に札幌の洋芝は合うので6月に函館でゲートを受けて、よければそのまま札幌を使おうかと、順調に行けば2歳ステークスを勝てればいいかな~と。」
「ドゥラメンテを調教していた主任が今乗っているが、このあいだ調教の後に、これヤバいかも~って言っていたので、そのヤバいふうになってくれたらいいなと思います。」
とのコメント。

また6月末に友道調教師は、
「夏の札幌芝1800メートルあたりでデビューするかも」
「510キロ~520キロぐらいの雄大な馬格があるが、もう少し体に幅が出てほしい。もしかしたら(デビューは)無理せず秋になるかもしれないが、雰囲気はすごくいいし、中距離がベストでしょう」
とのことです。


まとめ


以上が期待の1頭アドマイヤキングについてでした。
アドマイヤテンバの母アドマイヤグルーヴの仔にはドゥラメンテ、アドマイヤグルーヴの母エアグルーヴの仔にはフォゲッタブルやルーラーシップなどの名馬がいる名門牝系ですね。
「ヤバいかも!!」のコメントからも、物凄い能力がうかがえます。
デビューが楽しみです。



スポンサードリンク