So-net無料ブログ作成

阪神ダート1800/3歳未勝利戦を亀谷敬正氏が予想!血統理論とは? [競馬血統研究所/亀谷敬正血統理論]



2015年から放送が開始された競馬血統研究所。
大体、月1回ペースで放送され、亀谷敬正所長の血統理論による馬券の攻略方法を指導してくれます。
今回は、この競馬血統研究所の第28回放送分から、2018年6月9日(日)の阪神競馬場3レース、3歳未勝利戦、ダート1800mの予想方法について解説いたします。
この日の阪神競馬場は晴れですが、ダートは重馬場です。


1.亀谷敬正所長本命アルマトップエンドの考察


◎5.アルマトップエンド(8番人気/単勝22.4倍/3歳牡馬)

このレースはたくさんの馬が芝からダートへ挑んできています。
血統は馬柱ではわからない能力を推測する最強のツールですので、こういったレースで生かしていきたいところです。
つまり、ダート初挑戦でダート実績がなく能力が未知であっても、血統で推測できるのですね。

アルマトップエンドの母オーゴンサンデーは、現役時代にオープンで芝もダートも3着以内に好走しています。
ですから、アルマトップエンドも芝もダートも走ってくれると思います。
今回の出場馬の多くは、芝寄りの血統が多い中、この馬は両方走れる血統だと思います。
ですから、ダート適正を考慮すればこの馬が一番だと思っています。


2.亀谷敬正所長対抗コンテントの考察


○14.コンテント(1番人気/単勝2.6倍/3歳牡馬)

この馬は消すことはできません。
うもし内枠だったら飛ぶ可能性もあったかもしれませんが、外枠なのでおそらく好走するでしょう。
基本的に芝血統なのですが、牝系はダート血統の要素もあります。


3.亀谷敬正所長▲アドマイヤビクターの考察


▲11.アドマイヤビクター(4番人気/単勝8.3倍/3歳牡馬)

この馬も基本的には芝血統です。
ですが、体の大きいキングマンボ系は、比較的ダート中距離適性が高いです。


4.亀谷敬正所長△ワークアンドワークの考察


△13.ワークアンドワーク(2番人気/単勝5.3倍/3歳牡馬)

母テイクマイアイズは短距離が得意な血統です。
今回は距離延長です。
距離延長は、あまりプラスにはならないような気がしますが一応おさえます。
2着と3着を繰り返していますので、勝ち切れないことから距離を変えてきたものと思われます。



その他の印は以下のとおりです。

△3.キングアンドアイ(6番人気/単勝10.0倍/3歳牡馬)
△7.ヴィンセント(5番人気/単勝8.8倍/3歳牡馬)



5.レース結果






1着11.アドマイヤビクター(4番人気)
2着10.スワーヴアラミス(7番人気)
3着13.ワークアンドワーク(2番人気)

4着5.アルマトップエンド(8番人気)


亀谷敬正所長は37,200円の投資。
本命馬アルマトップエンドが惜しくも4着。
残念ながら馬券的中とはなりませんでした。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。