So-net無料ブログ作成

阪神ダート1400/3歳上500万下を亀谷敬正氏が予想!血統理論とは? [競馬血統研究所/亀谷敬正血統理論]



2015年から放送が開始された競馬血統研究所。
大体、月1回ペースで放送され、亀谷敬正所長の血統理論による馬券の攻略方法を指導してくれます。
今回は、この競馬血統研究所の第28回放送分から、2018年6月9日(日)の阪神競馬場7レース、3歳上500万下、ダート1400mの予想方法について解説いたします。
この日の阪神競馬場は晴れですが、ダートは重馬場です。

なお、このレースは横山ルリカ氏の推奨レースです。


1.亀谷敬正所長対抗デロングスターの考察


○5.デロングスター(1番人気/単勝1.4倍/4歳牝馬)

横山ルリカ氏の本命馬がデロングスター。
このレースはかたいと思いますので、おそらく人気通りの走りをしてくれると思います。
血統的にみたとしても、全く消すような材料はありません。


2.亀谷敬正所長本命マルモレイナの考察


◎13.マルモレイナ(10番人気/単勝55.2倍/4歳牝馬)

このレースはかたい決着が予想されますので、馬券の購入は控えたいのですが…。
ですが、購入するのであればマルモレイナです。

父がエンパイアメーカーで、母父がクロフネです。
エンパイアメーカー産駒とクロフネ産駒は、どちらも7枠と8枠を得意としています。
なぜ外枠が得意なのかというと、内枠が苦手だからです。

近走は、5番より内側の馬番が連続しており、成績もかなり悪くなっています。
ですが、5走前は外枠で勝利しているのです。
エンパイアメーカーとクロフネの配合なので、外枠だと好走する馬だと思います。

しかも、このレースは500万下です。
今までは、上級条件でなおかつ苦手な内枠だったので、今回はかなり良い条件がそろっています。



その他の印は以下のとおりです。

△3.ベルエスメラルダ(5番人気/単勝16.4倍/4歳牝馬)
△7.リヴァイバル(2番人気/単勝7.9倍/5歳牝馬)
△9.タガノエルフ(3番人気/単勝10.9倍/3歳牝馬)
△14.ブルーミン(4番人気/単勝11.1倍/4歳牝馬)



3.レース結果






1着5.デロングスター(1番人気)
2着13.マルモレイナ(10番人気)
3着7.リヴァイバル(2番人気)


亀谷敬正所長は12,700円の投資。
亀谷所長の本命馬10番人気のマルモレイナが2着と好走。
3連複とワイドが的中し104,050円の払い戻しとなりました。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。