So-net無料ブログ作成

新潟芝1200/3歳未勝利戦を亀谷敬正氏が予想!血統理論とは? [競馬血統研究所/亀谷敬正血統理論]

2015年から放送が開始された競馬血統研究所。
大体、月1回ペースで放送され、亀谷敬正所長の血統理論による馬券の攻略方法を指導してくれます。
今回は、この競馬血統研究所の第29回放送分から、2018年8月25日(土)の新潟競馬場2レース、3歳未勝利戦、芝1200mの予想方法について解説いたします。
この日の新潟競馬場は曇りで、芝は良馬場です。


1.亀谷敬正所長本命ユウキャンの考察


◎7.ユウキャン(4番人気/単勝6.6倍/3歳牝馬)

ストロングリターン産駒です。
自分はストロングリターン産駒に注目しています。
1頭の種牡馬を覚えるだけでも馬券は勝てるのです。

ストロングリターン産駒の特徴は距離延長が苦手で、距離短縮を得意としています。
特に、自分との能力が互角の馬との勝負の場合、自分が距離短縮の場合は勝つ確率がかなり上がります。
そして、距離短縮が得意な馬ほど、距離延長は苦手になります。

また、ストロングリターン産駒の良さは、気持ちが前向きであることです。
気持ちが前向きであるがゆえに、前走のように東京の1400mで外枠からゆったりと構えてしまうと、長い時間ひっかかってしまいスタートからコントロールがうまくいきませんでした。
その影響で末脚も失ってしまったのです。
ですが、今回のレースは内枠です。
特に気持ちが前向きな馬は内枠の方がコントロールしやすくなります。

距離短縮と内枠ということで、好条件がそろいました。


2.亀谷敬正所長血印アーキトレーヴの考察


血印3.アーキトレーヴ(8番人気/単勝37.0倍/3歳せん馬)

この馬は、初芝です。
この馬の姉は2頭とも芝のレースだけしか勝利していません。
しかも、父がダイワメジャーで芝馬です。
どう考えても芝血統です。
ですが、今までずっとダートを使ってきました。

競走馬の能力は一定ではありません。
ダートでボロ負けして、人気を落としている芝血統の馬を狙っていきたいと思います。

※血印:血統的に期待値が高い馬


3.亀谷敬正所長▲グッドジュエリーの考察


▲9.グッドジュエリー(1番人気/単勝2.4倍/3歳牝馬)

2着3着と続いていますので、能力は高い馬です。


4.亀谷敬正所長△モシモの考察


△13.モシモ(2番人気/単勝3.6倍/3歳牝馬)

この馬も、近走で好成績を続けていますので、能力は高い馬です。



その他の印は以下のとおりです。

血?印1. フライハイト(3番人気/単勝6.5倍/3歳牝馬)
△5.ダイメイジャスミン(6番人気/単勝20.4倍/3歳牝馬)
△8.セイユウガッツ(18番人気/単勝371.4倍/3歳牝馬)
△14.ウインソリティア(9番人気/単勝40.2倍/3歳牝馬)

血?印:血統的にはかなり危険な馬



6.レース結果






1着9.グッドジュエリー(1番人気)
2着1.フライハイト(3番人気)
3着7.ユウキャン(4番人気)



亀谷敬正所長は60,700円の投資。
亀谷所長の本命馬が3着となり、ワイド7.8倍、3連複17.4倍、3連単63.8倍を的中させました。
馬券の購入金額は映像の関係で確認できませんでした。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。