So-net無料ブログ作成

札幌ダート1700/2新馬戦を亀谷敬正氏が予想!血統理論とは? [競馬血統研究所/亀谷敬正血統理論]



2015年から放送が開始された競馬血統研究所。
大体、月1回ペースで放送され、亀谷敬正所長の血統理論による馬券の攻略方法を指導してくれます。
今回は、この競馬血統研究所の第29回放送分から、2018年8月25日(土)の札幌競馬場5レース、2歳新馬戦、ダート1700mの予想方法について解説いたします。
この日の札幌競馬場は曇りで、ダートは不良馬場です。


1.亀谷敬正所長本命ビービーシャルトの考察


◎6.ビービーシャルト(8番人気/単勝41.1倍/2歳牡馬)

新馬戦は血統予想でかなり的中させることができますよ。
狙い目です。
ビービーシャルトはパイロ産駒です。
パイロ産駒は、新馬戦を得意としています。
ダートの新馬戦はパイロ産駒を意識しているだけで、かなり的中させることができます。

しかも、母系も新馬戦を得意とする血統です。
兄弟のレトリックも新馬戦から活躍しました。

父も新馬戦に強い血統で、母系も新馬戦に強い血統となると、新馬戦の好走確率はかなり高くなります。

新馬戦というのは、全ての馬が初めての体験をするレースです。
こういった、初めてのレースでは「遺伝」や「血統」というのは大きく影響します。
ですから、新馬戦については血統の順番で馬券購入するだけで結構当たります。
これは、つまりセレクトレースと同じ原理です。
セレクトレースは、血統が馬の金額を決める最大の要因です。


2.亀谷敬正所長対抗ベルキューズの考察


〇12.ベルキューズ(10番人気/単勝58.8倍/2歳牝馬)

ヘニーヒューズ産駒です。
ストームキャット系でダートの名血です。
母父がアフリートですが、アフリートもダートの名血です。
そして、母のオーシャンフリートも現役時代は、初ダートで6馬身差をつけて勝利した馬です。



その他の印は以下のとおりです。

▲2.ハクナマタタ(3番人気/単勝5.3倍/2歳牡馬)
△5.アースエアブリーズ(7番人気/単勝32.9倍/2歳牝馬)
△10.カルロスミノル(6番人気/単勝23.3倍/2歳牡馬)
△13.イマジンラヴ(5番人気/単勝15.9倍/2歳牡馬)




3.レース結果






1着9.ロークアルルージュ(4番人気)
2着2.ハクナマタタ(3番人気)
3着10.カルロスミノル(6番人気)

6着6.ビービーシャルト(8番人気)



亀谷敬正所長は7,400円の投資。
亀谷所長の本命馬が6着となり、残念ながら馬券的中とはなりませんでした。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。