So-net無料ブログ作成

小島太調教師とは!小島太厩舎の調教方法や特徴を解説! [調教師/厩舎の特徴]

小島太調教師は美浦所属で1947年生まれです。
初出走が1997年で、主な管理馬はマンハッタンカフェといった多くのGⅠ勝利の実績を持つ伝説の名馬や2002のジャパンカップダート(GⅠ)を制覇したイーグルカフェなどがいたほか、現役では2015年の札幌記念(GⅡ)や2016年のアメリカジョッキークラブカップ(GⅡ)を制覇したディサイファなどがいます。
今回は、小島太調教師の調教方法とその特徴について解説します。


1.小島太調教師の2016年の成績!


2016年の調教師リーディング第75位
勝利数18回/2着25回/3着19回/着外231回
重賞:17戦1勝
芝:131戦9勝
ダート:158戦9勝
勝率:.061
連対率:.147
複勝率:.212
獲得賞金:40,381.0


2.小島太調教師の特徴!


小島太調教師は騎手時代にGⅠ10勝を含むJRA通算1024勝を記録した名手でした。
1997年に開業後、マンハッタンカフェ、イーグルカフェでGⅠ5勝を挙げており、重賞24勝を含むJRA通算462勝を積み重ねています(2016年実績まで)。

調教方法は「美浦坂路」と「南馬場ポリトラックコース」を併用します。
「坂路調教」は負荷を掛けることを目的にしており、運動量が必要な厳冬期に集中します。
1~3月の「坂路調教」成績は[5-3-2-32](勝率12%、複勝率24%)です(データは2015年1月4日~2015年7月13日)。
坂路での追い切りは集団での縦列調教が基本スタイルです。
4F目を14秒台で入り、3F目から13秒台のラップを平均的な速さで刻む「持久力強化」型です。

「好走時計」は[4F54-55秒台、4F39-40秒台、1F13秒前半]。


「単走調教」主体なので「馬なり」で自発的に動けるほど調子が良いと判断できます。
2015年4月以降、2、3回東京開催では「南馬場ポリトラックコース」調教を駆使して[7-3-2-14](勝率27%、複勝率46%)の好成績を収めています(データは2015年1月4日~2015年7月13日)。

「好走時計」は[5F65-66秒台、4F50-51秒台、1F12秒前半]。


ポリトラックコースでスピード調教を行うことで、東京仕様に軽めの足回りに仕上げています。

「南馬場ポリトラックコース」の調教パターンを4F51秒2以内、3F37秒6以内、1F12秒8以内、コース取り:5分以上に設定した場合、[4-1-0-4](勝率44%)の良績を残しています(データは2015年1月4日~2015年7月13日)。
競馬場や季節に合わせて調教方法を選別することが名伯楽たる所以です。


3.調教時計を読み解く方法!


調教時計については、以下の関連記事を参考にしてください。

【調教時計を読み解く方法を解説!】
http://g2015graman.blog.so-net.ne.jp/2017-04-03

【坂路調教を分析する方法を解説!】
http://g2015graman.blog.so-net.ne.jp/2017-04-04


4.小島太調教師の最近の主な管理馬!


馬名:性齢:馬主:生産者
ディサイファ/牡8/H.H.シェイクモハメド/ダーレージャパンファーム
サンマルデューク/牡8/相馬勇氏/田端牧場
ストレンジクォーク/牡5/キャロットファーム/ノーザンファーム
フォワードカフェ/牡5/西川恭子氏/上水牧場
メガオパールカフェ/牡6/西川光一氏/ヤナガワ牧場
メイショウメイゲツ/牝5/ 松本好雄氏/三嶋牧場
クワドループル/牡5/H.H.シェイクモハメド/ダーレージャパンファーム
ダウトレス/セ6/ノースヒルズ/ノースヒルズ
メイショウカノン/牡6/松本好隆氏/三嶋牧場
カリビアンゴールド/牝3/H.H.シェイクモハメド/ダーレージャパンファーム


まとめ


以上が小島太調教師の特徴についてでした。
小島太厩舎は競馬場や季節に合わせて調教方法を選別しています。
今年の小島太厩舎は、オークス(GⅠ)にカリビアンゴールドが出走しましたが、結果は残念ながら11着と敗れています。
敗れはしましたが、14番人気でしたので、好走の部類に入るかもしれません。


nice!(2)  コメント(0)