So-net無料ブログ作成

東京芝2400/3歳上500万下を亀谷敬正氏が予想!血統理論とは? [競馬血統研究所/亀谷敬正血統理論]



2015年から放送が開始された競馬血統研究所。
大体、月1回ペースで放送され、亀谷敬正所長の血統理論による馬券の攻略方法を指導してくれます。
今回は、この競馬血統研究所の第24回放送分から、2017年11月25日(土)の東京競馬場7レース、3歳上500万下、芝2400mの予想方法について解説いたします。
この日の東京競馬場の天候は晴れで、芝は良馬場です。

このレースはノブ氏のセレクトレースです。
翌日行われる同コース・同距離のジャパンカップの参考にするためのセレクトです。


1.亀谷敬正所長的印コルコバードの考察


的印4.コルコバード(1番人気/単勝1.6倍/4歳牝馬)

コルコバードの父はステイゴールドで、母父がエンドスウィープです。
母エンシェントヒルはダートの追込み馬です。
そして、半妹となるリカビトスは芝の追込み馬です。

このレースは1番人気のコルコバードがいますが、この馬はおそらく出遅れて後方からの競馬となると思います。
直線が長いですし、今の馬場は外を回しても追込み馬にとって不利ではないと思いますので、おそらく勝つものと思われます。
この馬の複勝が1.1倍ですので、自分はその時点で馬券購入は無駄だと思います。
人気馬は基本的に上位に来ます。
自分ならばこのレースでは馬券勝負はしません。
人気馬が好走しない可能性があるレースを選ばないで馬券勝負をするということは、上位に来てほしい人気薄の馬に対するただの願望になってしまい、予想ではなくなってしまいます。

※的印:人気馬で3着以内に入る確率が高い馬(つまり低配当)


2.亀谷敬正所長血?印キングオブアームズの考察


血?印15.キングオブアームズ(2番人気/単勝4.8倍/4歳牡馬)

この馬は危ないと思います。
このレースにコルコバードが出走せずに、このキングオブアームズがダントツの1番人気だったらおもしろい馬券勝負向きのレースだったと思います。
キングオブアームズの母父エクスチェンジレートはアメリカのダート短距離重賞の勝ち馬です。
母系にはボールドルーラーのクロスもあり、前向きな血統です。
東京競馬場でしかも15番と外枠、さらに距離が2400mとなると血統的には厳しいと思います。

血?印:血統的にはかなり危険な馬



このレースは荒れないと思うのですが、仮に荒れたとしても、狙いどおりの穴ではなく想定外の荒れ方では当てるのが難しいと思います。
人気馬が好走すると思っているのに、穴馬を無理矢理買うというのは、狙っていない穴馬、つまり願望ということになります。


3.レース結果





1着4.コルコバード(1番人気)
2着14.グリントオブライト(5番人気)
3着10.フリージングレイン(7番人気)

12着15.キングオブアームズ(2番人気)

結局、このレースはセレクトしたノブ氏の最終的な判断により、馬券購入をしないこととなりました。
レースの結果は亀谷敬正所長の予想どおり、1番人気のコルコバードが勝利、2番人気のキングオブアームズが12着と凡走するといった結果になりました。



nice!(1)  コメント(0)