So-net無料ブログ作成
調教師/厩舎の特徴 ブログトップ
前の1件 | -

森秀行調教師とは!森秀行厩舎の調教方法や特徴を解説! [調教師/厩舎の特徴]



森秀行調教師は栗東所属で1959年生まれです。
初出走が1993年で、主な管理馬は2001年のフェブラリーステークス(GⅠ)を制覇したノボトゥルーや2000年の皐月賞(GⅠ)と菊花賞(GⅠ)を制覇しクラシック2冠馬となったエアシャカールなどがいたほか、現役では2016年の京阪杯(GⅢ)を制覇したネロなどがいます。
今回は、森秀行調教師の調教方法とその特徴について解説します。


1.森秀行調教師の2016年の成績!


2016年の調教師リーディング第53位
勝利数22回/2着26回/3着30回/着外284回
重賞:28戦1勝
芝:165戦10勝
ダート:180戦12勝
勝率:.061
連対率:.133
複勝率:.215
獲得賞金(万円):42,379.7


2.森秀行調教師の特徴!


2001年に年間70勝(JRA54勝、地方16勝)を挙げてJRA賞・最多勝利調教師を受賞しました。
さらに2006年には年間63勝(JRA48勝、地方15勝)の成績で2度目の最多勝利調教師を獲得。

2011年7月13日にはJRAの調教師としては前人未到の地方競馬通算150勝を記録します。
2014年10月19日にはJRA通算600勝を達成しました。
貪欲に勝利を追求する姿勢は競馬界のグローバル化に繋げ、さらに勝ち星を積み重ねています。

2013年淡路島に開業した外厩の「awajiトレーニングセンター」を活用することで2013年32勝(JRA27勝、地方5勝)、2014年35勝(JRA27勝、地方8勝)と2年連続30勝以上を記録しました。

調教方法は「栗東坂路」主体の調整スタイルです。
開門直後の整地された馬場で追い切り、前半から全速力で走り切るスピード調教を課します。
4F目を13秒台で入り、ラスト2F目に12秒前半の最速ラップを計測します。
スピードを持続した状態で最後の1Fを12秒台でまとめれば優秀です。

[好走時計」は[4F50-51秒台、3F37-38秒台、1F12秒台]。


栗東坂路の調教パターンを4F51秒6以内、3F37秒7以内、1F12秒9以内に設定した場合、[8-4-4-29](勝率18%、複勝率36%)の好成績を残しています(データは2013年1月5日~2015年7月20日)。

連戦で使うケースが多く、攻め馬を控える傾向がありますが、「4F時計の速さ」は体調の良さを示しており、実戦に直結します。


3.調教時計を読み解く方法!


調教時計については、以下の関連記事を参考にしてください。

【調教時計を読み解く方法を解説!】
http://g2015graman.blog.so-net.ne.jp/2017-04-03

【坂路調教を分析する方法を解説!】
http://g2015graman.blog.so-net.ne.jp/2017-04-04


4.森秀行調教師の最近の主な管理馬!


馬名:性齢:馬主:生産者
ネロ/牡6/西山茂行氏/本桐牧場
キャプテンシップ/牡5/玉井宏和氏/小池博幸氏
ケンホファヴァルト/牡4/中西宏彰氏/マリオステーブル
ヨシオ/牡4/仲山誉志夫氏/日本中央競馬会日高育成牧場
セセリ/牡6/冨士井直哉氏/WilliamPacaBeatsonJr.
ジュンファイトクン/牡5/河合純二氏/社台ファーム
マユキ/牝6/稻井田安史氏/タガミファーム
グランセブルス/牡4/飯田訓大氏/坂本智広氏
ユウチェンジ/牡4/アイテツ/鎌田正嗣氏
アグネスユーリヤ/牡5/畑佐博氏/社台ファーム


まとめ


以上が森秀行調教師の特徴についてでした。
森秀行厩舎は、坂路調教のパイオニアです。
坂路1番時計の常連厩舎です。
今年の森秀行厩舎は、スプリンターズステークス(GⅠ)にネロが出走しましたが16頭中16着と残念な結果に終わっています。



nice!(2)  コメント(0) 
前の1件 | - 調教師/厩舎の特徴 ブログトップ